2013
11.15

有料道路(高速道路)は車を運転する人なら誰もが利用したことがあるのではないでしょうか。

その際に必ず利用する料金所は、時期にもよりますが混み合っていることが多く、せっかく目的地のインターチェンジまで早く到着しても、この料金所で留まってしまいかえって国道を走行した方が早かったのでは?と思うこともしばしば。

そんな有料道路の問題を解決すべく立ち上がったプロジェクト、ETC(Electronic Toll Collection System)。

そう、そもそもETC=プロジェクト名なのです。

10数年前から有料道路の整備と共に急激に発展した車業界。

それと共に有料道路に一気に人々が集まったために全国各所の有料道路でので渋滞が深刻化しました。

そんな問題点を検証し、根本的なところから道路の改革をすべく立ち上がったプロジェクトです。

有料道路で一番混雑し、車の流れを止めるのは料金所。

その料金所での問題を、ETCは見逃しませんでした。

そこで10年の開発期間を経て、現在のカーライフに欠かせない存在となっているETCが導入されました。

ところで皆さんの車にはETCカードは搭載されていますか?この快適なETCカードを搭載していることによって料金所でのストレスは大幅減少します。

それではETCの利便性について検証していきましょう!

    —おすすめサイト—
麻生孝正のETCカード最新事情

No Comment.

Add Your Comment

Comments are closed.